自動車のIT化とその課題

2016年08月22日

[自動車アフターマーケット]

 ひと昔前の自動車はメータパネルにある警告灯が前触れもなく点灯し、突然動かなくなるということもあった。しかし最近の自動車はIT化が進み、自己診断機能をもつことで、トラブルの芽を小さいうちに摘んでしまうほど賢くなっている。

 そして、最近では自動車自体がインターネットと接続し、地図データや渋滞情報、そしてメールの送受信まで端末を使うことなくできるようになっている。そして自動車のIT化はそれだけに留まらない。カーナビと連動して自動的にスピードを下げたり、カメラやレーダーレーザーなどを駆使して前車を確認し、衝突回避軽減ブレーキや前車追従機能を備えている。これも来るべき、自動運転に向けての序章と言える。

 自動車そのもののIT化は進んでいるが、自動車業界全体のIT化はどうだろうか。自動車に自己診断機能を持たせたことで、その車を整備や点検する際にはその車を診断できる専用の機械を導入しなければならなくなった。

 確かに、これまでは車の症状をメカニックが確認し、どこが悪いのかを診断し修理という風に時間が掛かっていた。しかし、現在では診断機と自動車を接続するだけで、何が原因でトラブルが発生したのかがすぐにわかるようになった。これはIT化による効果で喜ばしいことなのだが、メーカーによってその診断機もバラバラなため、自動車ディーラーしか導入できないのが現状だ。

 なかなか導入が進まない理由の一つに自動車メーカーが様々な情報を開示していないということがある。自動車の車齢が延びることで、車を修理するのはディーラーだけでは足りないという現実に直面しているにもかかわらずだ。

 最大のディーラー網をもつトヨタであっても全拠点で5000店舗ぐらいしかない。その数で日本の津々浦々までカバーできるかというとそれは不可能に近い。そうなると、どこかのタイミングで自動車メーカーは整備工場に情報開示しなければ、近い将来サービス自体が立ちゆかなくなる。

 自動車業界でサービスが立ちゆかなくなっていると言えば、ガソリンスタンドが挙げられる。1989年度末の時点ではガソリンスタンドは全国に5万8285店舗あった。しかし1994年年度末の6万421店舗をピークに減少に転じて、2013年度末には3万4706店舗まで減少し、山間部などではガソリンを給油するだけで、数十㎞走行しなければならないというガソリン難民まで生まれているのだ。

 これは高速道路のSAでも同じことが起きていて、約50kmごとにあるサービスエリアにはガソリンスタンドが設置されていたのだが、現在では場所によっては150kmもガソリンスタンドがない区間もできてしまい、サービス低下を及ぼした。このサービスの低下によって影響をうけるのは自動車に乗っているユーザーである。こうしたユーザーが被害を受けるサービス低下は食い止めなければならないはずだ。

 昔は自動車の自己診断機能に差し込むこと自体タブーだった。しかし、様々な縛りがあるとはいえ、情報を読み取る機械は市場に出回っていて、さらに国土交通省が補助金を出して、整備工場に積極的に導入を促している。ハイブリッドや電気自動車、クリーンディーゼルといったように自動車のパワートレインが多様化したことで、そのような高度な技術を使用しないと自動車の修理もできなくなっている。

 さらに、自動車は1台2~3万点のパーで構成されているが、車の年式やグレードによってそのパーツの品番はバラバラで、パーツのリストだけでも膨大なデータ量となる。現在自動車ディーラーで販売されている新車だけでも膨大なデータとなるが、これが中古車まで含めるととんでもないデータ量となる。

 もちろん、自動車メーカーごとにデータが分けているため、整備工場などはそのメーカーごとに膨大なデータをもたなければならない。しかし、どこかのシステム会社が、すべての自動車メーカーのパーツリストを一括管理するソフトウェアを開発すれば、整備工場でも管理しやすくなり、ディーラーでも他のメーカーの自動車が入庫しても部品番号が確認できるということになる。

 自動車のIT化は進んでいるものの、自動車業界のIT化は自動車メーカーの聖域によってその進捗のスピードは遅い。しかし、その遅さの影響もあって、自動車業界のIT化はまだ手つかずの領域が多いのも事実なのである。

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。