「野菜応援パック」無償配布 医療機関等への支援と食品ロスを減らす取り組み

2020年05月22日

[グループニュース]

 2020年4月6日のプレスリリース「新型コロナウイルス感染拡大に伴い新入社員を含むグループ全従業員の在宅勤務を義務化」でお知らせした、感染拡大防止に対するテックファームグループにおける支援活動の一環として、4月7日・8日、医療法人や東京オペラシティタワー入居企業の従業員を対象に「野菜応援パック」の無償配布を行いました。緊急事態宣言の発令が控えていた中、予想以上に多くの方にお越しいただき、2日間で500セットをお配りすることができました。

なぜ“野菜”を配布?

 現在、新型コロナウイルス拡大による外出自粛要請で、多くの飲食店が営業時間短縮や休業を余儀なくされ、野菜・果物に対する需要が低下し供給過多に陥っています。テックファームグループは農水産物流通ソリューションを手掛ける株式会社We Agriを擁し、農業流通業界の発展を目指していることから、飲食店等の休業に伴う食品ロスの防止や生産農家支援に貢献したいと考えました。また、「個人の主張・生活は尊重しながらも、周囲に対する思いやりを示せる人の集まりでありたい」という思いで組織づくりを行っていることから、最前線で新型コロナウイルスと戦っている医療機関や、在宅勤務が推奨される中どうしても出社せざるを得ない人たちに感謝し手助けをしたい、という思いもありました。
 そこで、余った野菜を仕入れ、医療法人と当社の本社オフィスがある東京オペラシティタワー内の企業従業員を対象に配布を行うことになりました。

 

企画をスピード実現し2日間で500セット配布

 企画実現に向けて、東京オペラシティビル株式会社様に告知を、株式会社グリーンハウス様に配布場所の提供をしていただきました。そして大田市場で仲卸を手掛ける株式会社大治様に仕入れていただいた野菜をテックファームホールディングスとWe Agriで配布。緊急事態宣言が出るか出ないかという状況下で、企画に携われる人員も限られる中、様々な企業のお力添えをいただいたおかげでスピーディーに企画を実現できました。
 在宅勤務が増え、出勤している人が少ない可能性があると事前に想定していましたが、東京オペラシティタワー内では用意していた400セットすべてを配布し、医療機関などにも100セットを配布。(配布者は消毒とマスク着用を徹底し、受け取りに来た方々の安全に十分配慮するよう努めました)みなさん日中仕事をされており新鮮な野菜の入手に苦労されていたとのことで、笑顔で受け取っていただきました。多くの方から「ありがとう」と感謝の声をいただくことができ、当社としても嬉しい気持ちでいっぱいです。

techlive_yasai

▲【野菜応援パック】
チンゲン菜、きゅうり、リーフレタス、
ミニトマト、玉ねぎ、エリンギ

techlive_yasai2

▲野菜応援パックに同梱した資料

 野菜応援パックにより、現在社会を維持するために活動されているみなさまへの一助となれたら幸いです。
この活動を通して、当グループのことを広く伝えるきっかけも作ることができました。
 テックファームグループでは、これからも新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受ける産業・企業や個人に対して、様々な貢献・支援ができるよう努めていきます。

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。