年頭ご挨拶

2020年01月01日

[グループニュース]

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 昨年のテックファームグループは、今まで培ってきた技術やデータ解析、デザインなどのノウハウを、デジタル化が行き届いていない企業・産業にも積極的に提供し始めました。

 中でもデジタル化が最も遅れていると言われる産業の1つである“農業流通”業界に目を向け、子会社化したWe Agri社を通じて、生産者と消費者をITでつなぐプラットフォーム事業に参入いたしました。また、これまでにもEBE社を通じて、最先端ITによるカーアフターマーケット業界のアップデートに挑戦、サンキテック社を通じてリフォーム業界のIT活用に参入するなど、デジタル化が遅れている企業や産業の様々なビジネストランスフォーメーションに挑み続けております。

 そして、これからも大企業の進化をITパートナーとしてサポートしながら、ITノウハウが行き届いていない様々な産業に目を向け、それら産業の再定義・リノベーションから、ビジネストランスフォーメーションによる新しい価値創造(創新)が図れるところまで並走してまいります。

 あわせて、地球における課題解決を期待される企業群の一員として、ITという我々の強みを活かして課題解決姿勢を示し、大企業との連携や自社における事業開発・新規事業創出を通じて企業の社会的責任を果たしてまいります。

 以上のような思いのもと、今年の年賀状を制作いたしました。

再生紙年賀状

newyear2020_1

 こちらは、グループ各社から集めた古紙を再生した紙で制作しております。1年の歩みと感謝を伝えるとともに、SDGsに対する姿勢を示すものです。

再生紙の生産にあたっては、専用の機械をお持ちの株式会社世田谷サービス公社様にご協力いただきました。

newyear2020_2

 同じ設定で動かしても、古紙の種類や印刷されている色などによって出来上がる再生紙の色合いが1枚1枚異なります。

レゴ年賀状

 今年必修化されるプログラミング教育や、近年増加しているスクラム開発には、レゴブロックがよく取り入れられております。

newyear2020_3

 そんなレゴでテックファームのロゴを作りました。パーツ1つひとつが、社員や、会社を形作る技術・熱意を象徴しております。

 実物は、年始営業日から当社エントランスに展示し、社員はもちろん来社されたお客様にも自由に触っていただけるようにいたします。一人ひとりのアイディアによって形を変えていく様子をぜひ体感していただきたいです。

 「再生紙年賀状」「レゴ年賀状」のいずれも、“白”をコンセプトに制作いたしました。

 白という色から、グループが秘める無限のポテンシャルや、原点である技術力、そしてどんな色(産業・企業)とも調和できる柔軟性を感じていただければと思います。

 お客様・投資家の皆様におかれましては、テックファームグループに引き続きご期待、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

テックファームホールディングス株式会社

代表取締役社長 CEO 永守 秀章

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。