『IoT Japan 2018』出展報告

2018年10月29日

[イベントレポート]

『IoT Japan 2018』について

IoTJapan2018_techfirm

▲テックファームブース 展示の様子

 2018年10月17日(水)~19日(金)の3日間、東京ビッグサイトで『日経 xTECH EXPO 2018』と同時開催された、日経BP社主催のイベントです。今年の来場者数は76,608人でした。(※主催者HPより。同時併催イベントを含む。)

 テックファームは、10cm単位から国内全域までカバーする各種位置情報システムを、デモを用いてご紹介しました。

展示のご紹介

●10cm単位の動線分析・動体追跡システム『MoL with Quuppa(モル ウィズ クーパ)』

 精緻な動線分析や動体の追跡に使える、高精度なリアルタイム位置測位システムです。買い物客の動線分析や倉庫内の重機の位置検知など、今まで以上の正確性で実現が可能です。

IoTJapan2018_MolwithQuuppa

 『Quuppa』は、タグと受信機で構成されています。受信機が、Quuppaタグからの距離だけでなく電波の入射角も考慮した独自のアルゴリズムで処理を行うことで、高精度な位置測位を実現。テックファームの位置情報データプラットフォーム『MoL(モル)』と組み合わせることで、位置情報をクラウド上でリアルタイム表示できます。

 このほか、特定エリアの進入や退出などを検知する機能も備えているため、危険なエリアへの立ち入りや見守り監視などにも最適です。

あらゆる”敷地”内の車両管理システム

 農場や工事現場、工場、商業施設、レジャー施設など、屋内外問わずあらゆる”敷地”の中で使われる車両の位置追跡や作業の進行状況をモニタリングするシステムです。防水・防塵の小型センサは特に野外に強く、様々な業務機械の移動と稼働を効率化します。

IoTJapan2018_techfirm2

国内全域をカバー!外勤スタッフ管理システム『Q-GO!(キューゴー)』

 スマホの位置情報を使った外勤スタッフのタスク管理システムです。急な依頼や問い合わせを集中管理し、迅速な作業指示と進捗の見える化を実現します。

IoTJapan2018_QGO

IoTJapan2018_QGO2

 『Q-GO!』の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.techfirm.co.jp/product/q-go/

ブースの様子

IoTJapan2018_techfirm3

 3日間の出展期間中で、テックファームブースへの立ち寄り人数は約700人。中でも、『MoL with Quuppa』が実現する位置測位精度の高さには多くの方が興味を持ってくださいました。テックファームは、これらのソリューションをビジネスにどう活用するかというところからシステム開発・運用までワンストップでサポートが可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。