スマホセンサーのさらなる進化 2020年は新サービス展開に期待

2020年01月16日

[サービス]

 現在のスマートフォン(スマホ)には驚くほど数多くのセンサーが搭載されています。このうち初期のスマホにも搭載されていたのが、加速度・ジャイロ・地磁気のセンサーです。これらのセンサーは3次元の方向に対して機能するため、3種類x3軸で9軸センサーとも言われます。これに加えてGPSがあることで、現在位置や利用者の動き、スマホの縦横状態・動かし方などの検出が可能です。他にも、例えば気圧センサーでは非常に小さな気圧の変化を捉えられるため、階段や坂道の上り下りを計測することができます。
 このように多くのセンサーを搭載することでスマホの用途は幅広いものとなりましたが、2019年はそんなスマホセンサーにいくつか新しい動きがあった1年でした。それらが2020年にどんな広がりを見せるか、展望します。

「AirDrop」による迷惑行為を抑制、iPhone11搭載のセンサー

 ひとつはiPhone 11シリーズに搭載されたU1チップです。これは、かつてUSBをワイヤレス化するために開発されたUWB (Ultra Wide Band)という通信をするためのICチップで、日本国内では3.4-4.8GHz帯、7-10GHz帯という非常に幅広い電波を使えます。
 U1チップの技術的な詳細は公表されていませんが、現段階でiPhone 11シリーズはこのU1チップを通してスマホ同士の正確な位置を3次元で把握できるようです。

techlive_202001_1

 iPhoneには「AirDrop」を使って近くにいる人と簡単に写真などを共有する機能がありますが、最近はこの機能を使って迷惑画像を周囲の他人に無差別に送りつける「AirDrop痴漢」が問題になっていました。お互いの位置や向きを正確に測定できれば、きちんと合意してスマホを向き合わせているかどうかを判定できるため、U1チップ搭載のiPhoneではこうした迷惑行為を抑制することができます。
 スマホ以外にもU1チップを搭載したデバイスを各所に配置できれば、屋内での位置測位や、忘れ物防止タグ、子供・ペットの位置追跡など応用が広がりそうです。

日本では2020年春ごろ解禁、Google Pixel 4搭載のセンサー

 もうひとつの動きが、Googleから発売されたPixel 4シリーズに搭載された「Soli Radar」です。こちらはさらに周波数が高い60GHz帯を利用したレーダー機能で、10年以上前からある、自動車の「前走車追従型クルーズコントロール」と同じ技術を使っています。当時は自動車でも非常に高価なオプションだったのですが、今では指先ほどのチップになり、スマホに搭載されてしまうとは驚きの進化です。
 「Soli Radar」は周囲に存在する物体を3Dで検知します。その位置、形状を含めて正確に認識できるため、顔・手指の形やその動きを検知して何かの動作につなげることが考えられます。

techlive_202001_2

 Pixelではこれをスマホのジェスチャー操作に利用できますが、日本国内では2020年春頃に電波法の改正によって使えるようになる予定です。人の動きや表情をセンサーで取得できれば、テレビ音声でスマートスピーカーが誤動作してしまうような事故を防いだり、表情を読み取ってユーザーの評価を点数化したりすることができるかもしれません。暗くても計測できることから、今までカメラではできなかったような新しい応用が出てくる可能性もあります。

 またセンサー以外でも、2019年9月にAmazonが発表した「Sidewalk」という通信方式が話題になっています。技術的な詳細は公表されていないものの、900MHz帯を使ったLPWA (Low Power, Wide Area)とされています。電池で年単位の連続動作が可能で、非常に広い通信エリアを持つことが特長です。
 今までとは桁違いの低コストでIoTネットワークを構築できる可能性があり、U1チップやSoli Radarを搭載したスマホとの組み合わせで、スマホの測位技術が大きな広がりを見せるかもしれません。

 2020年、5Gサービスの開始に加えセンサー技術の進化により、新たなサービスの展開が期待されます。

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。