『リテールテック JAPAN 2019』出展報告

2019年03月29日

[イベントレポート]

『リテールテック JAPAN 2019』について

 2019年3月5日(火)~9日(金)の4日間、東京ビッグサイトで日本経済新聞社主催の第35回流通情報システム総合展『リテールテックJAPAN2019』が開催されました。国内外から流通業界向けのソリューションを提供する代表的な企業が出展し、昨年を超える200,213人が来場しました。(※主催者HPより。同時併催イベントを含む。)

 テックファームは本展示会に初めて出展し、スマートフォンに直接押してスタンプカードやスタンプラリーを実現できる電子スタンプサービス『Raklu(ラクル)』の展示や実演を行いました。

techlive_retailtech

▲テックファームブース 展示の様子

電子スタンプサービス『Raklu』について

techlive_raklu

▲『Raklu』展示の様子

 『Raklu』は再来店や送客・回遊を促すことを目的とし、スマートフォン画面に直接押せる電子スタンプと、スタンプカードやスタンプラリー画面の作成・管理を併せて提供するサービスです。

電子スタンプという“体験”を提供

 実際にスタンプを “押す”ことは、提供する店舗と顧客のどちらからも分かりやすく、サービスを実感することができます。

アプリ不要でスタンプサービスを実現

 スマホアプリがなくてもWebページだけでサービスの提供が可能なため、メルマガやLINEなどでクーポンを配信しリアル店舗へ送客することができ、来店計測やクーポン利用数など顧客対応/分析の可視化やデジタル化を手軽に実現できます。

電子スタンプ『Raklu』の詳細はこちらをご覧ください。

https://www.techfirm.co.jp/product/raklu/

ブースの様子

 会場にはリテール向けの多岐に渡るソリューション展示がありましたが、テックファームブースへの立ち寄り人数は過去最高で、全国の流通・小売業関係者が一堂に会する今回の展示会の効果を実感することができました。ブースで実際に体験できる分かりやすさと、誰にとっても馴染みがあり集客を見込めるスタンプカードの電子化に対する興味の高さが見受けられました。テックファームでは、電子スタンプといった具体的な要望へ対応するソリューションの提供のみならず、ビジネスの課題解決やサービスの設計から、システム開発・運用までをワンストップで提供することが可能です。電子スタンプ『Raklu』の活用や店舗における各種課題について、どうぞお気軽にご相談ください。

techlive_retailtech2

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。