年頭ご挨拶

2019年01月01日

[グループニュース]

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 平成が終わり新たな時代が始まる今年、テックファームグループも事業開始21周年Yearという新たなステージに突入します。

 ポスト平成は、変化のスピードがますます速くなり、世の中のニーズも多様化していきます。
 そうした中、当社はアイディアとテクノロジーを磨き続けるとともに、多種多様な企業や個人とのつながり・連携を積極的に増やします。またシリコンバレーとのネットワークに加えて、よりグローバルに、特にアジア地域との連携も強化するなど、グループの生態系をさらに速く発展させてまいります。

 一方、変化の激しい時代だからこそ、創業からの“普遍の価値”も大切にしていきます。当社にとってそれは『尊重』『信頼』『創造性』です。
 これらを“揺るがぬ軸”として、社会課題や声なき声に耳を傾け、当社の持つアイディアとテクノロジーを掛け合わせることにより、社会的意義のある新たな価値創造に挑戦したいと考えております。

 こうした思いを、今年の年賀状に込めました。

391616113_3b0e4d6627

 「〇△□」は、太古から使われている最もシンプルな記号であり、“普遍の価値”を表しています。
 〇=協調、△=創造、□=信頼
 まさに、グループにとっての“普遍的価値”と一致します。

 そして、実際の年賀状にはこれらの箇所に香りをつけました。
社会とテクノロジーとの掛け合わせ(=いくつもの○△□が重なり合った部分)によって新しい価値(=香り)が生まれ、放たれることを表しています。

 サービスデザインとテクノロジーの両輪を併せ持つテックファームグループは、これからも革新的な価値を生む旗振り役として邁進してまいります。
 お客様・投資家の皆様におかれましては、テックファームグループに引き続きご期待、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

テックファームホールディングス株式会社

代表取締役CEO 永守 秀章

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。