働く女性を応援!『IT業界女子会キャリアセミナー』イベント報告

2015年07月01日

[イベントレポート]

IMG_0399

2015年6月、IT企業7社の有志メンバーによる「IT業界女子会 キャリアセミナー」が実施されました。参加者はIT企業11社の41名の「育休世代」の女性
今回のイベントは、
「出産後もキャリアアップができるのか」
「ライフイベントと仕事の両立ができるのかな…」
そんな悩みを抱えるIT業界の女性たちが、気持ちよく自身のキャリアを築いていけるよう、企業の枠を超えて開催されたものです。

「育休世代」とは聞きなれない言葉ですが、2000年前後の法改正などを経て、女性総合職が増え、育休を取得するのが当たり前になってから総合職正社員として就職した世代。この名付け親である中野円佳氏が講演をし、さらに参加者同士のディスカッションが繰り広げられました。

「女性活用」はなぜ失敗するのか

中野氏は著書の『「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか』を執筆するにあたり、15名の働く女性たちを取材。キャリアと育児、家庭のバランスのとり方に悩む女性について、ご自身の経験を踏まえて執筆をされています。
中野氏によれば、バリバリ働くことを想像している・もしくはしていた「バリキャリ女子」ほど、出産後に退職する傾向にあるそう。なんとも大胆な分析ですが、その負のスパイラルについての説明を受けると納得そのものです。
就職活動時代に男性に負けじと競争を駆け上がり、ハードな職場を選択。この時すでに「働きやすさ」よりも「やりがい」を重視しています。このように、自身がハードワークな女性ほど、さらにハードワークな男性に魅力を感じ、結婚。出産後も持ち前の責任感の強さが災いし、祖父母を頼った子育てを拒否し、退職に至る…と言ったケースが多いそう。相反して、就活時に「やりがい」よりも「働きやすさ」を重視し、時短勤務でできる範囲内の仕事を受け入れた女性ほど、長く会社に従事する傾向にあり、個人差はありながらも、新人時代に本人が想像していたシナリオとは全く異なる展開となることが多いようです。

参加者の声 「スタートラインに立つことができた」

img002

このようなお話を聞いた上で、女性たちが「自分らしいキャリアを築く上での不安・壁は何なのか」について、当日はグループに分かれてディスカッションが開催されました。平均年齢は28.4歳と、まさに「育休世代」の女性たちは…

「仕事と育児の両立で体力が続くのか心配」、
「周りにロールモデルとなる女性社員がいない」、
「給料が下がると困る」など、皆さんそれぞれの悩みを共有。
内容は様々でありながらも、お互いの悩みに共感し、「自分だけではないんだ!」と安心した様子でした。また、「ずっと漠然とした不安はありながら、具体的にどうしたらいいのかわからなかったが、今後のビジョンを考え始める材料となる話しを聞くことができて、結婚生活や出産・育児について考えるスタートラインに立つことができた」と、さっそく本イベントをきっかけに、今後のキャリアについて考え始めたといった意見も。

中野氏もただ不安を抱えるのではなく、同じ立場の女性と情報交換をする、また決して悲観的にならずに自分の可能性を見出すことの大切さを強調されていました。自信を持って仕事をすることが大切であることは男女ともに共通の課題ですが、将来への不安を持ちがちな「育休世代」の女性たちこそ、自身の強みを確立することが、「自分らしいキャリア形成」への近道となりそうですね。

テックファームグループの取り組み

今回、テックファームからも4名の女性社員が参加。参加した社員は、「一人では気づくことのできなかった課題を知ることができた。今後のキャリア形成について考えるヒントとなった。」と参加の意義を語ってくれました。このようなイベントへの参加が女性社員のキャリア形成支援になればと考えています。
今回のイベントは有志による開催でしたが、テックファームでは会社としても、「ママエンジニア」の活躍を支援するべく、産前産後休暇・育休・時短勤務制度などの制度を整え、女性社員のキャリアをサポートしています。たくさんの先輩ママ社員が親身に話しを聞いてくれるなど、オープンな社内環境がこれらの制度を支えています。

テックファームの「ママエンジニア」については以下ページよりご覧ください。
http://www.techfirm.co.jp/recruit/recruit_womanengineer01.html

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。