自動車業界のプロとIT開発のプロによるシナジー

2016年10月14日

[自動車アフターマーケット]

 自動車業界のIT化の波は自動車メーカー直系のディーラーから始まる。それは機械や工具を作るにしてもまずはディーラーから導入されるからだ。そして機械メーカーは自動車メーカーの顔色を見て、頃合いを見計らって独立系の自動車整備工場に声を掛ける。これがIT化のスピードを遅らせている大きな原因となっている。その反面、自動車業界のIT化の中で、まだ手つかずの領域が多く残っているのは街にある自動車整備工場だ。

 しかも自動車整備工場は自動車の整備だけをしているわけではない。車検や鈑金をはじめ、自動車保険を扱っていたり、中古車の販売をしたり、最近ではレンタカー事業を手掛ける自動車整備工場もあるほどで、現在では自動車整備工場は車業界のゼネコンになっている。

 したがって、自動車整備工場では自動車部品の価格をはじめ、作業工賃の業界標準指数、損害保険会社が決めた指数。さらに中古車相場といったようにものすごい量のデーターベースが扱われているのだ。実はこのようなことはあまり知られていない。元々自動車業界に携わった者でないとこういった構造は見えてこないのである。

 その構造を理解していないシステム会社が社内システムを作ろうとすると、機能的にどれも中途半端になってしまい、使えないソフトになってしまう。自動車業界のIT化に必要なのは自動車業界に精通したプロの知識とノウハウ。そしてその知識とノウハウを生かしたシステムを構築できるシステムプログラマーが手を組むことが必要だ。

 一見、当たり前のように見えることだが、実際のところ現在自動車業界で多く使われているソフトはそうではない。最新の技術によって業界の合理化すなわち、IT化を進めようという意気込みで参入していたが、いざ出来上がってみると、ローコストという発想に変わってしまった。これでは現場で使いづらいものになってしまう。

 例えば、現在タブレット端末が話題になっていて、業界最大手のソフト会社も一生懸命提案している。しかし整備工場に行くと「手は作業するために使いたいんです。しかも汚れているんです」と言われる。ただ新しいハードウェアが出たからソフトウェアの載せただけでは実際に現場で使われない。

 しかし、自動車業界を知り尽くしたプロは、手で作業をしたい。そして目はいつも自動車を見ていたいというという現場の声を知っているのでハンズフリーそしてアイズフリーとなる音声入力ソフトがベストマッチすると分かっているのである。

 その現場の声を分かっている自動業界のプロにはその音声入力ソフトが、どこの会社が作れるのか、どういった技術が必要なのかは分からない。そこでハンズフリーやアイズフリーの技術、そして技術者をもっているテックファームのようなシステム会社が手を組めば、現場で実際に使う事ができるソフト開発が短時間で可能になるのだ。すなわち自動車業界のプロと最新の技術をもったシステム会社が手を組むことで、現場が必要としているソフトを短時間で開発できしかもキャッシュ化できるという画期的なことなのだ。

 いくら最新技術によって便利なソフトができたとしても、そのソフトを活用できる場がなければ、宝の持ち腐れとなってしまう。しかし、閉鎖的でIT化の遅れている自動車業界では、ハンズフリー、アイズフリーとなる音声入力ソフトがあることがまだ知られていない。だからこそ、まだまだ開拓の余地があると言えるのだ。

 自動車業界のプロである株式会社EBE(イーバ)がもっている業界のノウハウとテックファームのもつ最先端技術。その最先端技術がなければ、いくらノウハウがあっても便利なツールを作ることはできない。現在のところ、そのようなツールを製作しようとしている会社は存在していない。作れる可能性のある会社はあるが、興味を示していない。

 自動車業界は何十万社という会社が一つの業種にありながら、大手に駆逐されていない数少ない業界なのだ。例えば、酒屋さんやお米屋さんが、コンビニエンスストアに変わると、セブンイレブンならセブンイレブンのシステム、ローソンならローソンのシステムが入ってしまう。

 しかし、今のところ自動車業界は自動車メーカーごとの情報開示がされておらず、業界のスタンダードといえるシステムがない状況だ。だから自動車メーカーの情報をはじめ、様々な情報をもっている会社がスタンダードを作ることができる余地がある。しかしそのためには自動車業界を知り尽くしたノウハウと最先端技術をもつシステム会社が手を組むことが必要といえるのだ。

★本記事に関するご感想・お問い合わせはテックファームホールディングスまでご連絡ください。

  • お問い合わせフォームもご利用頂けます

    AND MORE

  • 一覧へ戻る

各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。